真島あみオフィシャルブログ
21世紀的魔女論

「男性が怖い。」ままでいい


 

TOP画は、鳥取の海です。

昨年の秋ごろの写真かな。

家から車で3分くらいで着くので、しょっちゅう行きます。

 

私は海が好きです。

理解できないくらい大きな愛を受け癒されると同時に、すべてを排除する冷酷さを感じ背筋が冷たくなります。

極端なところが【自然】で良い。

“すべてうまくまわっている”んだなぁと感じます。

 

 

 

あみさんこんばんは。
Aです。

メッセージを送るのが遅くなってしまいましたが、個人セッションありがとうございました。
エレベーターを待っているときのドキドキが今でも思い出されて、エレベーターの扉が開いた瞬間あみさんの姿を見たときに、実は既に泣きそうでした。
緊張や嬉しさや自分の内面を見せる怖さももしかしたらあったのかもしれないな、と今になって感じています。

お会いした瞬間にあみさんが「今回はこうゆう回なんですね」と言った時の表情が今でも忘れられません(笑)
「魔性の女」
あみさんが私の魅力を言って下さるときに聞いたこの言葉をあの時は思考がとまってしまってうまく言えなかったのですが、私は確かに言われて「嬉しい」と感じていました。

でもやっぱりどこかで自分を抑えつけている部分があってあれやこれやと色々言葉を並べていたのですが、家に帰って、改めてセッションを噛みしめて、「あぁ、私は自分を抑えつけて生きていかなくていいんだ」と嬉しくなって涙が出ました。

幼いころからの男性からのいたずら行為は恐怖でしかなく、でも、男性を怖いと認めるのもさらに怖く、怖くないふりをして、色々抑圧していたのですね。
今思えば自分を大切にしていると思っていたのはきっとそう思い込むことでしか自分を守る術がなかったのだと素直に認められます。
よく思い出してみたら、大切にしていると思ってしていたそのほとんどは結果的に自分を苦しめる行為でしかありませんでした。

 

私はあの日初めて「男性が怖い」と気持ちを認め言葉に出しました。
セッションの日から少しずつ、少し怖かったですがその当時を思い出してその時の自分が感じた恐怖や不安、怒りを自分で受け止めて受け入れることをやっていました。

時には仕事中にいきなり蘇ってきて泣きそうになりながら、なんてこともありましたが少しずつ癒えてきています。
泣いたりノートに書いたりしながらやっていったら、今まで以上に肌の調子も良くなって無理をしないことを実践しはじめたら身体も少しずつ軽くなってきています。

「月曜日のユカ」もしっかり見て、今はメイクをユカっぽくしています♪
あんなに小悪魔なのに何一つ嫌な感じ等なく可愛く魅力的なユカは映画の中の仕草も可愛くて何度もなんて可愛いの、と言いながら見ていました(笑)

2015年、私はあみさんに出会えて本当に幸せです。
あみさん大好きです♪

書きたいことはまだまだたくさんありますが、今回はこの辺で。
寒いのでどうか体調等崩されないようにご自愛くださいませ。
またメッセージ送ります。

 

 

ありがとうございます。

 

個人セッションを開催する度に、「私のお客さんたちは、なんでこんなに皆似ているの!???」と恐ろしくなります(笑)

皆でお茶会(という名の魔女会)をしたら、きっと盛り上がるだろうと思います。

「同志がこんなに日本にいたのか!!」と気付き、生きるのが楽になるはず。

企画したいですね💋

 

 

個人セッションは、表向き(?)は、「自分の色気を知る」ために行っていますが、実際はもっとディープに見ていきます。

最近はえぐりが強くなってきたみたいで(笑)、涙を流される方も多いです。

それは私にとって嬉しいことなので、我慢しなくてもいいのですよ。

 

 

Aさんをはじめ、個人セッションやセミナーを受けてくれる方、そして私のブログを読んでくださっている多くの方は、「男性が怖い」と感じているのでは?と思います。

 

なぜなら、私もまだ男性を怖いと思うことがあるからです。(心理学的には「投影」と呼ぶそうです。根本先生のセミナーから学びました笑)

 

【すべての涙に意味がある〜私が色気専門家になった理由〜】

 

上質な色気を研究するようになり、私の周りには、お仕事でもプライベートでも素敵な男性が集まってきてくれるようになりました。

それでもやっぱり、まだ怖いです。

いつも言っていますが、私は本当に不完全で、ギリギリのところで生きている人間なのです。

 

だからあなたも、完璧になろうとしなくて大丈夫です。

「男性が怖い」ままでいいです。

そのままで、希望を抱いてください。

美しいものを愛しながら日々を過ごしてください。

それで、大丈夫。

 

 

雪解けのように

ゆっくり

ゆっくりと