真島あみオフィシャルブログ
21世紀的魔女論

美を選択する〜外見編〜


 

 

わたしの世界へようこそ。

いつもありがとうございます。

今日も一日、毎瞬毎秒、美を選択しましょう。

 

 

***

 

 

小さい頃からのコンプレックスが、身長、前歯でした。

 

身長は、152センチしかないので、サイズが合う服なかなかないし、人がよくぶつかってくるし、自動ドアが開かないことがあるし、「顔立ちと身長が合ってない!」と散々言われるし(笑)

身長に関しては、言い出したらキリがありません。

そしてわたしは考えました。

この状況でどうやって美を選択しよう?

出た結論がこちら。

 

「身長と外見のギャップこそが、わたしの色気。」

 

小さいけどオーラのある女性になろう!いや、もうなっているんだ実際は。あとはわたしが受け入れるだけだ。

という美の選択。

するとどうでしょう。

今まではチビ!と言われる度にいちいち傷付いていたのですが(特に父がめちゃくちゃ言うんです。ぷんぷん。)あまり気にならなくなりました。「それがいいんだもんね〜。」と。

そして友人から、「遠くにいてもすぐ見つけられるよ。」と言われ、某有名占い師の方に「あなたの色気とオーラは素晴らしいわね。」と感心され、パートナーには「小さいのに存在感あるよねー。」と褒め?られ、クライアントさんには「あみさん想像より小さかったけど、オーラが大きい!」と言っていただけるようになりました。

前は「存在感ないですよー。」と言いたいのか?というくらい人がぶつかってきてたのに、今はもうありません。

 

美を選択しただけで、あっという間に長所になり、面白いぐらいに現実が変わるんですね。

 

 

そして前歯は、小さい頃から大きくて、小学生の頃ウサギとハムスターを飼っていたのですが、友達から「あっちゃんに似てるー(笑)」とよくからかわれていました。

それがとてもショックで、一時期は笑わなくなったこともありました。

ウサギとハムスターを見るのも嫌になったり。

はい、ではこの場合の美の選択は、、

 

「ウサギってめちゃくちゃ可愛いがん。←方言」

 

ウサギ、ハムスター、、顔に小動物要素があるってことでしょう?「目つき悪い。」「クールすぎる。」「男顔」って言われるわたしには、ベストすぎる可愛い要素!

いい感じに大人っぽさと子供っぽさが混ざって、フランス女性のような、コケティッシュな魅力があるのではないか?

という美の選択。

 

すると、「前歯可愛いー!」や「真顔はクールだけど、笑うと可愛い。」とよく言われるようになったり、パートナーもわたしの笑顔が大好きなんだそう。

小さい頃、笑顔を褒められたことなんてなかったのに。

 

 

美を選択することで、びっくりするくらい周りの反応が変わります。

あなたのコンプレックスは何ですか?

しっかりと見つめ、美を選択してみましょう。

 

ちなみに、鼻が大きいのもコンプレックスだったのですが、それは「いい香りをたくさん嗅ぐために大きくなった。生命力が高い証。」という美の選択をしています😁

 

image

 

 

 

そして、1番大切なこと。

 

それは、鏡を見る度にため息を吐いたり、「あの人は綺麗だな。それに比べてわたしなんて…。」と涙が溢れそうになるあなたは、それだけ自分に期待していて、もっともっと美しくなりたい!と感じているのだということに気付いてください。

あなたは、あなたをとても愛しているのです。

それだけで、すでに美しいのではないですか?

 

 

 

 

大阪グループセッション、早速たくさんのお申し込みありがとうございます!今回も全国から参加していただけるようで嬉しいです。

いつもなら受付を締め切るところですが、できるだけたくさんの方にご参加いただきたいと思いますので、もうしばらく受付しますね。

お申し込みお待ちしております💋

 

こちらから

 

 

***

 

〜人生のどの瞬間も美しい小説の一部〜

 

辛いときや悲しいときは、自分の人生を小説だと思ってみましょう。

あなたが悩むことも、悲しむことも、人生という小説の一部。

だとしたら、この一瞬一瞬が、とても美しいものになりませんか?