真島あみオフィシャルブログ
21世紀的魔女論

【花人になる】4.日常を美しくする


 

 

わたしの世界へようこそ。

いつもありがとうございます。

今日も一日、毎瞬毎秒、美を選択しましょう。

 

🌹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・🌹

 

募集中のセッションはこちら

お申し込みはこちらから

 

真島あみの真骨頂🌹永遠に色褪せない“褒め言葉”という美容液を貴女に送ります。

 

普段の更新はインスタグラムがメインとなっております🙌

@amimajima で検索してくださいね。

 

 

 

 

花人(はなびと)

花人とは、真島あみが今まで出会ってきた身も心も美しい女性たちの魅力を統合して出来上がった概念であり、新しい女性の生き方です。

 

 

「花人として生きる。」と決めたなら

1.人間の常識を手放す

2.執着を心の花園へ手放す

3.柔らかさを身に付ける

 

 

4.日常を美しくする

 

 

花人の特徴

それは無理なく美しいこと、自然体の美しさがあることです。

ギラギラとしたネオンのような美しさではなく、個性的だけれど柔らかな美しさです。

 

 

カッコつけた男性ってすぐに分かりますよね。

自分の凄さ(仕事ができるとか)強さ(昔は悪かった自慢)をアピールしたりブランド物を見せつけられたりすると、すっと気持ちが冷めちゃうのは私だけではないと思います。

昔、筋肉自慢をする男性に出会ったことがあります。

彼はピタッとしたTシャツを着ていたのですが、私がペットボトルの水を開けとうとした時に「あ、開けれないでしょ!俺が開けるよ!」と私からペットボトルを奪い(!)ゆっくり蓋を開けたのです。

自分の腕と私の顔をチラチラと見ながら。

その「俺の筋肉すごいでしょ!」アピールにドン引きしてしまいました。

 

どれだけ魅力的でも、「どう?すごいでしょ?すごいでしょ?褒めてよ!」というエネルギーを発されると、魅力的に感じるどころか引いてしまいます。

これは相手から褒め言葉というエネルギーを奪おうとしていたりマウントを取ろうとしているので居心地が悪くなるわけですね。

美しさをアピールすることは花人としても大切なのですが、あくまでも自然であることがポイントなのです。

 

 

ではどうすれば自然に美しさをアピールすることができるのか。

それはもう日々の美の選択にかかっています。

たくさんの美しいものを見て感じて、美しいものを纏い、美しく在る。

誰にも見られていなくてもそうするんです。

「自分のために美しく在る。美しいことが心地良い。」その生き様が振る舞いや表情に表れます。

そうすると、ただ歩いているだけでも人を魅了することができるようになります。

 

自分の美しさを過剰に見せつけよう、褒められようとするのではなく

毎日をただ美しく生きてください。

気分が上がるルームウェアやランジェリー、花のような色のルージュと香りを纏い、官能的な音楽を聴き、うっとりするような映画や本を読み、目の前の人と愛の交流を楽しむ。

そんな日常を過ごしていれば、頭から爪先まで美しく香り立つ花人になれます🌸

 

 

 

今年ラストです!

12月zoomセミナー💐

~2023年を美しく咲き誇るために〜

アーカイブ配信 12/21(水)夕方から配信予定

料金 ¥10,000-

zoomセミナーって?Q &Aはこちら→🖥

 

お申し込みはこちらから

 

 

🌹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・🌹

 

 

【あなたが本当に美しくなる方法】

1番人気の記事です。是非読んでみてください。

 

 

 

メッセージはこちらから↓